トップページ
CooCa logo
welcome
ICカード健康管理システム「CooCa®
サービスについて
  • 社員食堂での食事記録
  • 体組成・血圧測定の記録

「CooCa®」の目的・・・健康管理を他人まかせにしない

 近年、「メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)」に注目した「生活習慣病の予防」が重視されています。その基本が
   「バランスの取れた、適正な量の食事」
   「日常的な運動の習慣」
であることはよく知られています。しかし、すべき事はわかっていても「継続するのはなかなか大変だ」と感じている方が多いのではないでしょうか。

面倒な「記録」と「計算」は自動で

 自分が摂った食事のカロリーは適正だったのか、塩分は多すぎないか、食物繊維は足りていたのか。 まず自分の食事の内容を知ることから始めましょう。
 専門の知識や根気がなくても大丈夫。 このシステムは、社員食堂で食事をすると、そのカロリーと栄養バランスを常に自動で集計し、ひとりひとりの履歴としていつでもウェブで閲覧できるサービスを提供しています。

Edy精算
社員食堂を利用する従業員の方であればどなたでもご利用になれます。

 まず一週間の食事の内容を振り返ってみましょう。 選んだメニューが偏っていませんか? つい食べ過ぎてしまったり、揚げ物(脂質)を多く摂った日があっても、そのことが意識できていればそれほど問題ではありません。1〜2週間のトータルで調整できればよいのですから。

 自分の健康を管理する「権利」と「能力」は、自分自身のものです。「・・・を食べてはダメ」「もっと・・・をしましょう。」と誰かが口うるさく指導するのではない、新しいスタイルの健康管理を始めてみましょう。

ウェブページイメージ
体組成・血圧測定の記録

 体組成計と血圧計を通信ケーブルで接続できるタッチパネル式セルフ端末をご提供します。計測の際にもICカードをかざすことで、計測結果は自動的にサーバに送られ、ウェブサイトに履歴が表示されますので、長期間にわたりその変化をチェックできます。

 ※この体組成計では体重・体脂肪のほか、メタボリック症候群の目安となる内臓脂肪の推定値、その人の体型・体組成に基づいた適正な摂取カロリーの目安などがわかります。

身体計測コーナー
サポートメール

 毎週一回、前週の食事内容のサマリーがメールで個別に配信されます。
ご自身の平均摂取カロリー実績や脂質摂取比率のほか、体組成計測結果に基づいて計算した適正な摂取カロリーの目安が通知されます。

 携帯電話のメールアドレスを登録しておけば、パソコンでウェブにアクセスしなくても情報を受け取ることができます。

> 昼食の平均摂取カロリーは880 kcalでした。
> あなたの適正カロリー(1食あたり)の目安は、
> …現状の体型を維持するなら = 約760 kcal
> …適正体重をめざすなら = 約630 kcal
> です。
>
> 摂取カロリーに占める脂質の割合は最大39%でした。
> *最大でも30%を越えないようにメニューを選びましょう。
>
> 一番カロリーの高かった食事は2008/05/11 昼(1030Kcal)です。
>
> 詳細はウェブサイトにログインしてご確認ください。

収集したデータの活用

 このサービスにより得られた食事・身体測定記録と、会社が行なう健康診断情報を活用して、健康増進活動と疾病・医療費の関連など有意義な統計情報を作成することができます。




ご利用開始にあたって

1.  必ず、各事業所に設置してある身体計測コーナーにて体組成の計測を行ってください。 体組成計測の結果がないと、サマリーメールに掲載する「適正なカロリーの目安」の計算ができません。

2.  このサービスの利用者として登録されると、(仮)パスワードを通知するメールが届きます。

3.  ログインページにアクセスしていただき、一番上の「メンバーログイン」に(通知メールが届いた)メールアドレスとパスワードを入力してログインして下さい。

  • メールアドレス・パスワードは、全角/半角・大文字/小文字をすべて区別します。
    キーボードの「Caps Lock」がオンになっていないかご確認ください。
  • ブラウザのクッキーをオフにしているとログインできません。 必ず「クッキーを受け入れる」設定でご利用ください。

4.  ログインできましたら、メニュー左上の「設定の変更」をクリックして下さい。

  • 「プロファイルの変更」でパスワードをご自身で覚えやすいものに変更して下さい。
  • お差し支えなければ、プロファイルの各項目もご記入下さい(任意)。
最後に「変更内容を確認する」をクリック、間違いがなければ「この内容で変更する」をクリックして下さい。




よくある質問

Q. このサービスはどこが行なっているのですか?
A. 事業の運営主体責任者は、それぞれの企業の人事部門です。 データの収集とウェブサイトの運営は、ルリユール・アンテリユール L.L.P., が個人情報保護方針に基づく管理のもとで業務を受託しています。

Q. 食堂で社員証以外のEdyを使ってもいいですか? 複数のEdyを併用するとどうなりますか?
A. 社員証以外のEdyでも利用できます。 またカードとおサイフケータイなど、複数のEdyを並行して利用されている場合でも、ご利用されるEdyの番号を複数登録していただくことで、それぞれの記録をひとりの個人の利用データとして統合して取り扱うことができます。

Q. 社員食堂で食べたものしか記録できなくても、健康管理としての効果があるのですか?
A. はい。このシステムは特に「記録を取る」ことを意識しなくても、誰でも長期間続けられる事が最大の特長です。昼食だけであっても、とびとびであっても、長く続けているとその人の食事習慣や嗜好は必ず記録にあらわれます。

1日の総摂取カロリーを管理することが目的ではありません。ご自身の食べ方の癖、栄養バランスの偏りを分かりやすく可視化することで、改善すべき点に自ら気付いていただくためのツールなのです。

Q. 登録したら、登録日以前の食事記録も表示されました。勝手にデータを収集していたのですか?
A. 食堂のレジでは、代金の決済のため常にEdy番号と、購入した食品が識別できるコードを記録しています。ただ、Edyには、個人を特定できる情報は一切記録されておりませんので、この段階ではどなたの記録かは判別できません。

このサービスの提供を受けることに同意された方のみ、メールアドレスや社員番号をいただいて、初めてその方の記録として取り出して表示することが可能となります。

Q. 個人情報(プライバシー)の保護について教えてください
A. このサービスは、それぞれの会社が定める個人情報保護方針に基づく管理のもとで運営されております。メールアドレスはサマリーメールや事務局からの連絡の目的のみに利用されます。 社員番号は、会社が行なう健康診断の情報と関連づけて長期的な健康増進の効果、医療費との関連を検証するために用いられます。
収集した情報は、分析を行なう段階で匿名化され、個人が特定できない統計情報として取り扱われます。

情報を収集する設備とサーバの間の通信は専用線を用いており、ウェブサイトはSSLという暗号化を用いてインターネット上からも傍聴できないように保護されています。